堺ロータリークラブ

Rotary Club of SAKAI
Rotary International District 2640
☆70th Anniversary
堺RCは今年2月創立70周年を迎えました

会長挨拶
HOME | 会長挨拶

 2021-22年度 会長  佐野 記久子
                                      (さの きくこ)

創立70周年の歴史と伝統を誇る堺ロータリークラブの会長の大役を務めさせていただくことになりました。
令和3年2月、創立70周年の年を迎えた堺ロータリークラブは30年後の100周年への新たな歴史へスタートする記念すべき年になるはずでした。しかしながら、昨年の年初から続いている新型コロナ感染者数はいまだに減少せず、出口の見えないコロナ禍において日常生活にも自粛が求められ、世の中の経済活動や個人の生活の在り方は大きく変わろうとしています。私たち堺ロータリークラブも少なからず新しい運営の在り方が求められるでしょう。
私たちは経験したことのない世界的規模の危機に瀕していますが、会員の皆様のご尽力を頂きながら、会員にとって楽しい、有意義なロータリー・ライフでありますように努力して参ります。

シェカール・メータRI会長のテーマ 
奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために
「 奉仕するとき、誰かの人生だけでなく自分の人生も豊かになる 」
「人びとの世話をし、奉仕することこそ、人生の最高の生き方 」
 

豊岡敬地区ガバナーのスローガン 

広げようロータリーの光を!
「コロナ禍にあって、我々一人一人が希望を照らす光となり、
その光の輪を広げて行き、志を同じくする仲間を増やしましょう」
 
 

堺RC会長のテーマ 

With&Afterコロナの新時代の課題解決と新展望への迅速な行動、
そしてすべてを支える会員増強
社会の激変を踏まえて堺RCもNew Normalを模索し、
持続可能な体制の構築を目指してまいります

〈活動方針〉

With&Afterコロナの新時代下に於けるクラブの課題を全会員で抽出し、課題の解決に迅速な行動とその基盤の会員増強に総力を結集しましょう。
そして収束後は、新しいロータリーライフになる内なる活動(例会)から外での活動へ

 
 
 
〈活動計画〉
(1) Withコロナのこの時期だからこそ、会員の意志を結集してロータリアンとして何ができるかを検討し、抽出した課題を迅速な行動で実現する。
(2) 奉仕活動をするためにはRCの堅固な基盤の確立が必須、会員の増強、特に新しい力、(若い世代の人、女性)の入会に会員の総力を結集する。
* 会員が協調して最低でも、現会員数の1割以上の増強を目標とする。
* 入会候補がRCを理解し、楽しみを共有出来るよう、オープン例会を構築する。
(3) 世の中の経済活動や個人の生活の在り方が大きく変わろうとしているこの時節、RCにおいても安心・安全の例会運用のさらなる構築をする。
(4) 会員がロータリーライフを楽しく、有意義に過ごすためにお互いが常に心を配り、絆を深めるように努力をする。
* 例会の中止やオンライン例会の為、会員同士の出会いの少ない中、情報交換で交友を深める。 
(5) コロナ収束を前提に、新しいロータリーライフを求め、内なる活動(例会)から外での活動(企業見学、養護施設、介護施設援助等)や会員の価値観に沿ったイベント等の企画、実施