2017~2018堺ロータリークラブ 基本方針と運営計画
会 長  小林 章介  
RI会長テーマ  
      「ロータリー:変化をもたらす」 RI会長  イアンH.S.ライズリー
地区方針 ロータリーの原点を再確認し、2640地区の新たな飛躍を

RI第2640地区ガバナー 岡本 浩

堺ロータリークラブ  
〈基本方針〉   
永年に亘る堺ロータリークラブの伝統を守り、時代に則した改革を行い、時代を担う人材の育成に努め、会員の出席率の向上を計りながら、有意義な楽しい例会を行い、会員相互の人となりを知り合えるクラブにしたいと思います。
〈運営計画〉    
1. 例会 
   出席率を高める為のバランスの良い卓話者の選定そして

  ロータリークラブ経験豊富な会員の卓話への積極的な参加

   ニコニコ寄付の予算達成への親睦活動委員会のアイディアの実践

   各テーブルでの活発な楽しい会話

2. クラブ奉仕部門 
  ロータリークラブの伝統を守りより充実したクラブ運営を目指します

  会員の増強 純増5名を目指します。新入会員への支援強化(ファイヤーサイド参   加)

  ビアパーティー、観月会、忘年家族会、観桜会、積極的に全員参加でご家族もお誘  いして有意義な会にしましょう。

  理事未経験者のオブザーバーとして理事役員会参加(但し発言権はありません)

3. 職業奉仕部門 
  ロータリークラブの基本は職業奉仕にあり、会員の職業人としての情報の交換を活  発に行う。
4. 社会奉仕部門
  アクト等の活動を通じ青少年育成、支援をより充実させる。地元堺の文化を尚     一層勉強して、発展に尽くす。
5. 国際奉仕部門 
  姉妹クラブ台中東南RCを通じ友好関係をより前進させる。

  米山奨学生を通じ会員の思いを寄せ、交流を密にする。

6.地区奉仕部門 
  地区発展のためにも積極的に協力していく。

  堺9クラブの交流を深める為、積極的に努める。

(c)2011 SAKAI Rotary Club. All Rights Reserved.